熊谷守一画文集『ひとりたのしむ』(求龍堂)P.92より

『地面に頬杖つきながら、蟻の歩き方を幾年も見ていてわかったんですが、蟻は左の二番目の足から歩き出すんです。』

九十六歳/一九七六年

もどる

TOPページへ

「くん太のメモ」の履歴
      内藤国雄九段作「ベン・ハー」
      ゴルフクラブ強振ご用心
      僕が健診を受けないわけ