平成23年出題分解答




平成23年1月出題分解答
新春特別課題(詰めばプロ級)

持ち駒 : 金 銀 香 

 21手詰め。 この問題を30分以内に解ければ、あなたはプロ級です。



3三飛成 1四玉 2三銀 1五玉 1八香 1七桂打
同香 同桂成 1四銀成 同桂 2七桂 同歩成
3五竜 同角 2五金 1六玉 3五金 2六玉 
1五角 同玉 2五馬

まで21手詰め。

 一手ごとの解説は省くが、6手目、1七桂打は受けの最善手。
 9手目、1四銀成~2七桂~3五竜が攻め方の好手順。
 17手目3五金で角を入手し、2六玉に1五角がピッタリな決め手で詰む。


戻る



平成23年2月出題分解答
持ち駒 : 香 歩 

ヒント: 打ち歩の解消法 7手詰め。




1三金 同桂 1五香 2四玉 2五歩
同桂 2三銀成

まで7手詰め。

 初手の1三金が肝要な捨て駒。省いてすぐに1五香は、2四玉が打ち歩形になって詰まない。
 金を捨てておけば、2五歩が成立。同桂に2三銀成までの詰み。


戻る



平成23年3月出題分解答
持ち駒 : 飛 金 金 

ヒント: 初手は金打ち 11手詰め。



1一金 2二玉 1二飛 3一玉 2三桂不成
同香 2一金 同玉 3二金 同馬 1一飛成

まで11手詰め。

 初手は1一金で同玉なら2三桂成で簡単。同馬も4二飛以下詰む。
 2二玉が最善で、1二飛と打って2三桂不成から2一金が好手順。最後は3二金が決め手となって詰む。


戻る



平成23年4月出題分解答
持ち駒 : 角 金 桂 

ヒント: 飛車捨てで決める 9手詰め。




2二と 同銀 4一角 1三玉 2五桂
同銀 3三飛成 同銀 2三金

まで9手詰め。

 初手2二とに同玉は、2一金以下の詰みがある。
 同銀に4一角と打ち、次の2五桂から3三飛成が3手一組の決め手で詰む。


戻る



平成23年5月出題分解答
持ち駒 : 角 銀 

ヒント: 詰め上がりタテ一直線 11手詰め。 



2四銀 1六玉 1七歩 同玉 2八銀
1六玉 2五角 同飛 2六香 同玉 2七馬

まで11手詰め。

 まず2四銀から入り、1六玉に1七歩が手順。7手目2五角と捨て、 同飛に2六香が決め手で2七馬までの詰み。
 詰め上がり”1”の形になる。


戻る



平成23年6月出題分解答
持ち駒 : 飛 銀 銀 

ヒント: 大駒の捨て方 11手詰め。 



4二銀 同金 3一飛 5二玉 6三銀
4三玉 4二馬 同玉 5一飛成 同玉
5二金

まで11手詰め。

 初手に4二銀と捨ててから3一飛が好手順で、同玉は3二銀の詰み。
 5二玉には6三銀と打ってから4二馬切りで金を入手。同玉に5一飛成が決め手となって詰む。


戻る



平成23年7月出題分解答
持ち駒 : 飛 銀 

ヒント: 5手目が急所 13手詰め。



3二と 同玉 2二飛 3三玉 4四銀 同金
2四金 4三玉 3二飛成 同玉 3三金 3一玉 2二角成


まで13手詰め。

 3二と から2二飛は平凡だが、3三玉に4四銀が好手。同玉は2五飛成以下詰む。
 同金には2四金と打ち、4三玉に3二飛成が決め手で詰む。


戻る



平成23年8月出題分解答
持ち駒 : 金 香 歩 

ヒント: 最後に馬捨て 7手詰め。



1七香 同と 1六歩 1四玉
3二馬 同金 2四金

まで7手詰め。

 初手1九香は1八銀合が受けの好手で詰まない。1七香と打ち、同と に1六歩が手順。
同玉は2六金の詰み。同と も3三馬以下駒余りで詰む。1四玉が最善だが、これには3二馬が決め手で詰む。


戻る



平成23年9月出題分解答
持ち駒 : 桂 歩 

ヒント: 三桂の詰め上がり 13手詰め



2三香成 同玉 3三飛不成 1二玉 2四桂
2一玉 2二歩 同玉 3四桂 2一玉
2三飛成 同角 3三桂不成

まで13手詰め。

 初手は2三香成で、同角なら2四桂以下早く詰む。同玉に3三飛不成が妙手。飛車を成るのは、7手目の2二歩が打ち歩詰めで失敗する。
 作意順なら歩打ちが成立し、11手目2三飛成が決め手となって詰む。


戻る



平成23年10月出題分解答
持ち駒 : 銀 香 

ヒント: 3手目が急所 7手詰め



2五香 同飛 3四金 同歩
1二銀 同金 3三竜

まで7手詰め。

 初手2五香と打ってから3四金が好手順。同玉は3三竜で早い。
 同歩には1二銀が決め手。同金で2四玉なら4四竜までの詰み。
 こちらも正解。

戻る



平成23年11月出題分解答
持ち駒 : 角 金 

ヒント: 受けにも注意 15手詰め



1三金 同香 4二竜 3二飛合 1四桂 同香 3一角 1一玉
1二歩 同飛 同竜 同玉 3二飛 1一玉 2二角成

まで15手詰め。

 初手1三金が好手。同香が最善で、4二竜に3二飛合も最善の合い駒。
 5手目1四桂で歩を入手してから3一角と打ち、1一玉に1二歩以下飛車を入手して詰む。


戻る



平成23年12月出題分解答
持ち駒 : 飛 銀 

ヒント: 金は最後に取る 13手詰め



2四銀 同歩 2三飛 1二玉 2二桂成
同角 1三飛成 同桂 2三銀 2一玉
3一馬 同角(玉) 3二金

まで13手詰め。

 初手2四銀が好手。同玉は2五飛、3四玉、5二馬以下詰む。
 3手目、2三飛に1四玉は1三飛成、同玉、1四銀以下早い。  1二玉に2二桂成から1三飛成が好手順で、11手目の3一馬切りが決め手となって詰む。


戻る



詰め将棋トップへ

質問にはお答えできませんが、ご感想・参考意見がありましたらメールください

TOPページへ